<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
現在(2006年3月)の心境




「そろそろ将来について考えなあかんなぁ」って言葉が最近、頭から離れない。

何年後とか、何の事についての将来とか、そんな具体的な事じゃなくて、ただ漠然とした「将来についてそろそろ考えなあかんなぁ」だが・・・。













結婚したという事もあり、日本に帰ってからの身の振り方にかなりの責任が伴うと思う。
家族や大切な人に後悔させるような事は絶対にしたくない。
自分が後悔するような事も絶対したくない。





今年の夏までに、ここオーストラリアを発つ予定。

=今年の夏には日本の社会に復帰して就職、保険、年金、家のローンetc...





夢から覚めて現実に戻る気分だ。

具体的に色々決めていかなくてはいけない時期だ。
大学生は卒業する一年以上前から就職活動をするくらいだし。
頭では十分に分かっている。
























・・・で、現在何をしているかというと、せっかくだから今を楽しむ事にしている。










何故なら、楽しい思い出は絶対に将来の為になると信じているからだ。
しかも、将来を想像した時、全くと言っていいほど不安は無いし、憂鬱な気分にもならない。
就職して毎日遅くまで残業するのは辛いし過酷な事だというのは知っているし、そう簡単に条件の良い就職先が見つかるとも思っていない。















でも、将来の事を漠然と考えた時頭の中に浮かぶものをあえて言葉で表現するなら「楽しみ」という言葉がピッタリだ。

今まで仕事に真剣に取り組んだ事はあったが、必死に取り組んだ事は無かった。
必死に取り組んだら自分はどこまで出来るか楽しみだ。
自分の家庭を作っていくのも楽しみだ。












今の僕は何故か、多少の辛い事があっても余裕で乗り越えていけそうな気がする。













ちょっと前に何かのドキュメンタリー番組で、「日記は将来の自分への手紙だ」と言っていた。
日本に帰って働き始めて弱気になった時には、今の自分の心境を思い出して頑張りたい。
[PR]
by shuuuuuuujp | 2006-03-22 21:28
旅行



e0063344_1432341.jpg










先日PERTHからまっすぐに伸びる道をひたすら北上し、旅行をした。




PERTH~GERALDTON~KALBARRI~DENHAM~MONKEY MIA~SHARK BAY
レンタカーを借りて、5日間かけて往復2200kmの旅だった。


どこまで行ってもまっすぐな道は地平線の彼方に消えていく。
左右に広がる大草原も地平線の彼方に消えていく。
時折、野生の馬や牛や羊やヤギやエミューが見えた。
旅行に出かける前に友人達に色々な情報を聞かせてもらってるときには、「本当に何も無い退屈な道」と不評だったが、「何もない事」が僕にとってはかなり新鮮だった。
「すごい・・・」としか言いようが無かった。
オーストラリアの広大さを改めて実感した。


何処に行ってもキレイな景色しかなかった。

KALBARRIで見たMURCHISON RIVERは水が氾濫して茶色く濁っていたが、赤土や大きな岩や独特な植物なんかが混同し合って何とも言えない絶景になっていた。

DENHAMでは映画で観た事のある田舎の港町と180°以上の海が広がっていた。

MONKEY MIAでは南国の雰囲気のなか野生のイルカやジュゴンと触れ合えた。

SHARK BAYのSHELL BEACHでは砂じゃなくて、貝殻だけで出来た110km以上も続く海岸が。






全て貴重な思い出になった。
機会があればまた訪れたいと思う。



e0063344_15202782.jpg


Hawk's Head & Murchison River , KALBARRI











e0063344_1523254.jpg


Dolphi Resort Garden Villa , MONKEY MIA


e0063344_15314994.jpg


Dolphins , MONKEY MIA








e0063344_15251690.jpg

e0063344_15262013.jpg


Shell Beach , SHARK BAY
[PR]
by shuuuuuuujp | 2006-03-19 15:33